前へ
次へ

メリットだけどデメリットになる不動産購入

不動産購入のメリットはデメリットにもなり得ることを念頭に置きましょう。不動産購入というのは、定年後も住まいの心配をせずに済むのがメリットだといいます。しかし、定年後までに住宅ローンを完済しておくことが前提ですし、もちろん、完済してから経年劣化によるリフォームが必要になるのであれば、住まいの不安はなくとも金銭面での不安は残るでしょう。しかも定年後となるなら、不動産購入後にリフォームしたくとも融資してくれる金融機関が見つからない可能性もあります。資産として残ることも不動産購入のメリットですが、資産になるのは土地のみです。もしも、土地は地主が別にいるのなら、資産になることはないでしょう。また、不動産購入では将来的に売却ができるため、別の土地に移り住みたい場合であったり、諸事情により売却したい場合にも売ることは可能です。しかし、不動産購入した際を思い起こしてみれば、すぐに購入はしなかったのではないでしょうか。比較検討するため、売却するにも時間がかかったり、売れ残る場合もありますから、メリットはデメリットにもなることを考えておきましょう。

Page Top