前へ
次へ

不動産購入が予算オーバーしない工夫

不動産購入を計画する人は少なくないでしょうが、予算オーバーになりがちです。憧れが強く、あれこれ考えてしまい、不要なものと必要なものの区別が付かずに採用してしまい、家計を圧迫してしまいます。予算オーバーを防ぐために不動産購入を見送ることも必要になるでしょう。もちろん、なるべく貯蓄を十分にしておきましょう。お一人様でも不動産購入できるほどの貯蓄額を口にするケースもありますが、この御時世、いつ何が起こるか分からないので、貯蓄貯金をすべて投げ打つことは避けたほうが良いといわれています。しかし、それだけの貯蓄をしてから不動産購入を計画しましょう。しかし、年を重ねるよりも若いうちに不動産購入をしておきたいものです。もちろん、シニア世代も不動産購入を考えても問題ありません。資産になるワケですから、お子さんがいるなら継承できます。その場合には、不動産購入で価格交渉をしたり、中古を選んだり、さらに設備や仕様のグレードを落とすことも考えてみましょう。ファイナンシャルプランナーいわく、水回りはのちのちメンテナンスやリフォームで多額な費用がかかるため、一箇所に集中させた造りにするのが適しているとアドバイスしています。シンプルに、これも不動産購入には必要なことです。

Page Top